みなさま、食物繊維足りていますか?ご存知のとおり、食物繊維は便秘だけでなく、さまざまな病気の予防にも役立つとされ健康維持には欠かせませんが、日々の食生活のなかで不足しがちな栄養素です。

ちなみに、日本においての食物繊維の【1日の摂取目標量】は、成人で、女性が18g男性が20gとされています。

これだけの量を摂るのは思ったよりも難しいもので、例えば食物繊維豊富といわれているゴボウでも、300gを食べなければなりません。

 

ホールグレイン(全粒穀物)使用のグラノーラで毎日の快腸をサポート

tumblr_mwb5ukyecr1t0w39no1_1280

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな食物繊維を効率的に摂取するのにおススメなのが【グラノーラ】です。

グラノーラの主原料である「オーツ麦」などの【ホールグレイン(全粒穀物)】は、ふすまや胚芽がそのまま残っているので、食物繊維が豊富。

さらに食物繊維だけでなく、ビタミンミネラルなどの栄養素もバランス良く含まれます。

米国農務省では1日に48グラムのホールグレイン(全粒穀物)を摂取することを推奨しているそうです。

 

穀物丸ごとだからこそ「オーガニック」を

オーツ麦画像

 

 

 

 

 

 

 

 

上にも書いたように、ホールグレインは精製していないためふすまや胚芽がそのまま残っていますので、残留農薬の不安がその分大きくなります。

なので、グラノーラを選ぶなら【オーガニック】のものがおすすめ。

化学農薬化学肥料の使用がないだけでなく、酸化防止剤などの食品添加物人工甘味料なども一切不使用。遺伝子組換え原料も使用していません。

オーガニックグラノーラなら、、ホールグレインを毎日の食生活に安心して取り入れることができます。

 

おすすめグラノーラ。
「BIO KING社のオーガニックグラノーラ」

 

ここで弊社むそう商事が直輸入している「BIO KING社オーガニックグラノーラ」の紹介をさせていただきます。

オーガニックグラノーラ 3種セット(ハニー・チョコ・ベリー)

BIO KING社 オーガニックグラノーラ 各種200g 702円(税込)~>>>

 

質の高いオーガニック素材を贅沢に使用しています

IMG_1105

 

 

 

 

 

 

 

オーストリアのオーガニックシリアルメーカーであるBIO KING社のオーガニックグラノーラの美味しさの決め手は、

コストがかかっても決して妥協しない原材料にあります。

ヨーロッパ産の穀物やベリー類、ヒマラヤ産の岩塩など、世界各地の生産者ネットワークを生かして、品質の高い素材だけを厳選して使用しています。

配合量にもこだわり、例えば、ベリーグラノーラにはフリーズドライベリーをふんだんに使用。香料等の添加物は使わずフルーツのみで、甘酸っぱいフレッシュなおいしさを作りだしています。

 

ベーカリーオーブンで少量ずつ焼いています

校長デモ_r2_c2

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストな品質と美味しさを保つため、少量ずつしか生産していません。発売当初から変わらないオリジナルレシピで、できるかぎり手作りにこだわって作られたホームメイドなグラノーラです。

ベーカリー用のオーブンで直火焼きしているので、ザクザクと香ばしく、しっかりとした食感を楽しめます。

添加物は一切使っていないので、素材本来の美味しさだけを味わうことができます。

 

オーガニックシリアルメーカー  BIO KING since 1974

BIO KING社は、1974年にオーストリアで初めてとなる100%オーガニックのミューズリーを開発して以来、オーガニックにこだわった商品を作り続ける老舗メーカーです。

設立者のペルリンガー氏は、オーストリアにおけるオーガニックのパイオニアともいえる存在で、当国の有機農法の普及に大きく貢献しました。

「自然との調和からのみ、健康と繁栄はもたらされる」を信条に、シリアルだけでなく、ドライフルーツやナッツなど幅広いオーガニック食品を取り扱っています。

 

食物繊維も

BIO KING社のオーガニックグラノーラなら、100グラムで8~10グラムの食物繊維を摂取することができます。

牛乳や豆乳をかけて朝食として食べたり、アイスやヨーグルトのトッピングなどにして、毎日美味しく食物繊維を摂ることができます。

 

オーガニックグラノーラ 3種セット(ハニー・チョコ・ベリー)

ムソーオーがニック「BIO KINGオーガニックグラノーラ 各種200g 702円(税込)~」のご購入はこちら >>>

 

 

Written by オーガニック倶楽部通信

オーガニックに関する情報を中心に、安心なライフスタイルづくりに役立つさまざまな情報をお届けします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA