まだ少し早いですが、今年のバレンタインのチョコレートはどのようなものをお考えですか?

バレンタインは、いつもより贅沢をしたいもの。有名ショコラティエプロデュースの商品や、見た目の華やかなチョコレートにも目を奪われますね。

ブランドや見た目の良さも大切ですが、バレンタインこそ本当に美味しいチョコレートを選びたいですよね。美味しさを重視するならオーガニックチョコがおすすめです。

■関連記事もチェック

・オーガニックチョコレートを選ぶべき理由

og9ki60_r2_c2

 

だから美味しいオーガニックチョコ

オーガニックチョコの原料は極めてシンプルです。カカオ本来の美味しさが生きるよう、余計なものは加えず必要最低限の材料だけで作られています。

オーガニックチョコには以下のような特長があります。

 

乳化剤不使用

乳化剤とは、水と油のように本来混じり合わないものを混ざりやすい状態にする食品添加物です。乳化剤を使うことで、チョコレート生地を簡単になめらかにすることができるので、コスト削減のために大量生産型のチョコレートにはほとんどと言っていいほど使われています。

乳化剤を使わずにチョコレート生地を作るためには、何倍もの時間をかけて生地を練る作業が必要ですが、その分、非常にきめ細やかな生地となります。ここが、乳化剤を使ったチョコレートとの大きな違いです。

また、乳化剤の原料には大豆由来のレシチンが使われることが多く、遺伝子組換え原料の使用も懸念されます。

 

植物性油脂不使用

1年中店頭に常温で並んでいるチョコレートには植物性油脂が使われていることがほとんどです。植物性油脂とは、簡単にいえば、溶けにくい安価な植物性油のことです。健康への影響が懸念されているトランス脂肪酸も植物性油脂の一種ですが、日本においては植物性油脂の多くがトランス脂肪酸といわれています。
チョコレートの主原料は本来、カカオマスとカカオバターですが、カカオバターは高価であるうえに、溶けやすいので大量生産には向きません。そのため、低コストで生産でき、夏場でも常温で販売できる植物性油脂が代用されます。油を混ぜるわけですから、カカオ本来の風味や香りは損なわれてしまいます。
対して、オーガニックチョコレートの多くは、カカオバターのみで作られます。植物性油脂を使ったとしても、トランス脂肪酸など体への悪影響の可能性のあるものや、合成処理されているものは使いません。
植物性油脂を使ったものと比較して、カカオの風味をより強く感じることができます

 

香料不使用

上記のように、植物性油脂を使用したりすることで、カカオの風味が損なわれてしまうため、それを補うために多くの一般のチョコレートには香料が使われます。ここでいう香料とは、人工的に作られた香りを良くするための添加物のことです。当然ながら、カカオ本来の香りとは異なります。

ブドウ糖果糖液糖や人工甘味料不使用

一般的なチョコレートには、砂糖の代わりに、ブドウ糖果糖液糖や人工甘味料が使われているものが多くあります。人工甘味料には不自然な甘さがあることは、多くの方が感じていることと思います。チョコレート以外にもさまざまな加工品に使われているので、味の違いを感じることは難しくなっているかもしれませんが、チョコレートの美味しさにも少なからず影響を与えるといえるでしょう。

味の違い以上に気をつけたいのが、その安全性です。

ブドウ糖果糖液糖は、肥満や糖尿病、アレルギー、不妊、高血圧、肝臓の病気などさまざまな疾患を引き起こすともいわれています。
また、ブドウ糖果糖液糖の正式名称は「高フルクトースコーンシロップ」で、その原料はトウモロコシです。トウモロコシのほとんどはアメリカから輸入され、そのうちの85%以上は遺伝子組換えです。
一般のチョコレートにはこのブドウ糖果糖液糖を使ったものがたくさんあります。

低カロリーをうたったチョコレートも増えていますが、それらの多くにはアスパルテームやスクラロースなどの人工甘味料を使っていることが多いです。人工甘味料の安全性は今なお不透明ですので、安全だと証明されていない以上は摂取はできるかぎり避けたいものです。

バレンタインにもオーガニックチョコレートがおすすめ

このように、「余計なものが入っていない」ということは美味しさを作るうえで最も大切な要素のひとつです。
安心・安全ばかりが注目されがちですが、このように、シンプルな材料で作られたオーガニックチョコレートは「美味しさ」という点でも、メリットがたくさんあります。
今年のバレンタインは、オーガニックチョコレートで美味しさを追求してみませんか。

バレンタインにおすすめのオーガニックチョコレート

img01

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック素材で作った生チョコレート
カカオから砂糖にいたるまでオーガニック素材だけを使った生チョコレート。乳化剤を使わずに練った生地は驚くほどなめらかで、カカオの風味がしっかりとします。有名高級チョコとぜひ食べ比べてみてください。
商品の詳細を見る >>>

 

img02

 

 

 

 

 

 

 

オーガニックチョコレートiChoc(アイチョコ)
乳の代わりにお米からできたライスミルクを使ったという少し珍しいオーガニックチョコ。さっぱりとしていますが、コクや風味は非常に強いチョコレートです。パッケージもかわいいので、お配りチョコにも最適です。
商品の詳細を見る >>>

 

bnr_valentine

 

 

 

 

 

 

その他のバレンタインにおすすめチョコレートはこちら >>>

 

■関連記事もチェック

・オーガニック生チョコレート入荷しました

・オーガニックチョコレートを選ぶべき理由

Written by オーガニック倶楽部通信

オーガニックに関する情報を中心に、安心なライフスタイルづくりに役立つさまざまな情報をお届けします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA