ノーベル賞で注目「オートファジー」とは?

大隅良典博士が「オートファジーのメカニズムの発見」によりノーベル生理学・医学賞を受賞されました。

オートファジーとはギリシャ語で「自食」という意味で、細胞質内にたまった古いタンパク質などの不要物(ゴミ)を取り除く掃除システムです。
細胞内には小さな〝掃除機〟があり、不要な物質を分解して再利用し、細胞を健全な状態に維持しています。この働きが解明されると病気の治療や老化防止に役立つということで注目されています。

%ef%bc%92_r2_c2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細胞質の中に二重の膜でできた平たい袋(隔離壁)が作られ、周囲の細胞質を無作為に取り囲んで袋を閉じ、細胞内の廃棄工場へ運びます。
そして工場内の消化液の中に積み荷を放出して分解(消化)し、残った有用なものは細胞質に戻されて再利用されます。

オートファジー機能の低下は病気の原因に

また、オートファジーは細胞質内に侵入した有害なウイルスや細菌を取り除く働きも持っています。さらに、細胞内でエネルギーを生産しているミトコンドリアに欠陥があると、壊す役割も担っています。ミトコンドリアが傷つくと通常の10倍もの活性酸素を放出するため、既存の細胞の解毒システムでは対応できなくなりますが、そのような致命的な欠陥を防ぐための安全装置としてオートファジーは機能しています。

ですが、このオートファジー機能は加齢とともに低下していきます。そして、異常のあるタンパク質やミトコンドリアなどを効率よく取り除けなくなると、細胞内のあちこちにダメージが蓄積し、病気の原因となります。

また、このオートファジーのシステム障害が脳の神経細胞で起こると、脳の老化が進み、アルツハイマー病の発症につながります。

また、消化器官中のオートファジー機能が損なわれると、潰瘍性大腸炎クローン病といった炎症性の腸疾患を招く危険性があります。

 

病気の治療や改善に期待されるオートファジー

反対にオートファジー機能を活性化できれば神経細胞のダメージによる疾患であるアルツハイマーパーキンソン病といった病気の改善に活用できるということになります。

さらには増加の一途をたどる悪性腫瘍(がん細胞)の遺伝子の傷を修復して、腫瘍の発生を抑えたり、細胞を常に新鮮な状態に保つことで老化を防ぎ、寿命を延ばしたりすることも期待できます。

 

「飢餓状態」でオートファジーが活発に

このオートファジーのコントロールは、人為的にはまだできません。しかし、飢餓状態になると、オートファジー機能が顕著に活性化することがわかったのです。
マウスの実験では、エサを与えるのを止めてから6時間で肝細胞のオートファジーが働きだし、24時間もすれば全身の細胞でオートファジーが活発になることが確認されています。

人間に例えると、24時間の断食で肝臓のオートファジーが活発化し、3日間の断食で全身のオートファジーが活性化されると言ってもよいでしょう。

実際に、カロリー制限(ただし必須栄養は適切に与える)をすると動物の寿命が延びることはアメリカのコーネル大学やウィスコンシン大学でのマウスや猿を使った実験で証明されています。
カロリーを60%に制限したマウスは、好き放題食べたマウスに比べて2倍生きたこと、節食した猿の生存率は、カロリー制限をしなかった猿の1.6倍になり、病死も3分の1に減ったことが報告されています。

 

「プチ断食」でオートファジーを活性化

私たちは食事から毎日70〜80Gのタンパク質を摂取していますが、私たちの体内でも毎日300gほどのタンパク質が作られています。その足りない分を補っているのがオートファジー機能だということが分かりました。細胞内の不要なタンパク質をアミノ酸に分解し、それを再利用するというリサイクル機能です。つまり、人体のタンパク質の材料の多くが食事ではなく、自分自身の分解産物によって作られているということになります。

これは、栄養が足りないという危機に直面したときに発動される危機管理システムと言えます。

生まれたばかりの赤ちゃんは、ヘソの緒が断たれた緊急事態への対応としてオートファジー機能が活発ですが、私たちも時々、わざと飢餓状態を作り出すことで、この危機管理しすてむを発動させることができます。

これは細胞の浄化とタンパク質のリサイクルというオートファジー機能の活性化にも、「プチ断食」が有効であることが、オートファジーの研究で科学的に証明されたと言ってもよいでしょう。

 

■関連記事もチェック

プチ断食のすすめ

月のリズムでデトックス

 

岡部賢二(おかべけんじ)

大学在学中に渡米し、肥満の多さに驚いて「アメリカ社会とダイエット食品」をテーマに研究。日本の伝統食が最高のダイエット食であると気づき、マクロビオティックを学ぶ。正食協会講師として活躍後、2003年、福岡県の田舎に移り住み、日本玄米正食研究所を開設。2005年にムスビの会を発足し、講演や健康指導、プチ断食セミナーやマクロビオティックセミナーを九州各地で開催している。著書に「マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行」(ムスビの会)、「月のリズムでダイエット」(サンマーク出版)などがある。

出展:正食協会月刊誌「むすび」

マクロビオティック関連の投稿一覧はこちら >>>

みなさまの食卓を安心なものへ
オーガニック&マクロビティック通販ビオフロレスタ

Written by オーガニック倶楽部通信

オーガニックに関する情報を中心に、安心なライフスタイルづくりに役立つさまざまな情報をお届けします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA