忙しいときにもすぐに食べられて便利なレトルトカレー。最近はご当地ものなどさまざまな種類のものがあり、選択肢がかなり増えましたね。

しかし、ご存知の方も多いかと思いますが、レトルトカレーやカレールゥには食品添加物がたくさん使われています。

3a7dc711c7eb20a8acd654a296369555_s

 

 

 

 

 

 

■ 添加物の使われていない安心カレー

 無添加レトルトカレーの商品はこちら >>>

 無添加カレールーはこちら >>>

 カレーにはどんな添加物が入っている?

_r2_c2

 

 

 

 

 

上記は、とあるレトルトカレーの原材料表示です。

この中で明らかに食品添加物だと判断できるのが下記の原料でしょうか。

調味料(アミノ酸)

カラメル色素

酸味料

乳化剤

香料

 

調味料(アミノ酸)

いわゆる化学調味料といわれるものです。

代表的な旨み成分は昆布から取りだされたグルタミン酸ナトリウムです。これらは、アミノ酸系、核酸系、有機酸系に分けられます。アミノ酸系がグルタミン酸ナトリウムなどで、核酸系にはイノシン酸ナトリウム、有機酸系はコハク酸ナトリウムなどです。

これら調味料はほとんどが化学的に合成されたもので、人体に対して長期的にどのような毒性が現るかどうかは明らかにされていません

調味料(アミノ酸等)とアミノ酸に「等」が付いた表示もよく目にしますが、アミノ酸系や核酸系が混合されたもので、単にアミノ酸とだけ書かれている場合は、グルタミン酸ナトリウムのことです。

「L-グルタミン酸ナトリウム」

グルタミン酸ナトリウムは、調味料中最も多く、かつ広範囲に使用されています。グルタミン酸ソーダやグルソーとも呼ばれ、海外ではMSGと呼ばれています。

昆布だしの旨味成分で、製造法には合成法、たんぱく質分解法、発酵法があります。現在では発酵法が用いられていて、主原料はグルコース(デンプンの加水分解によって作られる)や糖蜜、酢酸、アンモニアなどです。

L-グルタミン酸の使用基準はありません。大量に生産されていて、家庭用、飲食店用、食品加工用として広く使われています。また、核酸系調味料(イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムなど)を加えた複合化学調味料が作られていますが、これは核酸系調味料との間で旨味を増す相乗効果があるからです。

急性の毒性は低いとされていて、マウスやラットを用いた慢性毒性試験では、いずれも異常は認められず、また、その他の実験によっても、通常の使用量や使い方では人体に有害ではないとの結果が報告されています。しかし、日本やアメリカでは中毒事件が発生したこともあり、慢性的な中毒として痛風の原因としての疑いもあります。

また、グルタミン酸ナトリウムが多量に用いられるようになったことから、最近では食品本来の旨みがなくなってしまい、自然の風味が失われてきたという事実もあります。

カラメル色素

カラメル色素は、最も広く使われている着色料で、プリンやミルクコーヒー、醤油や飴など莫大な用途があります。(代表的なものがコーラですね。)

ブドウ糖やショ糖、澱粉加水分解物などの糖類を原料に製造されますが、問題なのは、アンモニア化合物を使って作られるものです。分類でいうと「カラメルⅢ」「カラメルⅣ」になります。このアンモニア化合物が製造過程で変化し、4-メチルイミダゾールという物質を作り出すのですが、この物質に発がん成分が認められています。しかし、表示では単に「カラメル色素」と書いてあるだけなので、どのタイプのカラメル色素が使用されているのかを知ることはできません。ただ、現在使われているカラメル色素のほとんどが、ⅢかⅣであるといわれているので、カラメル色素の入ったものは食べないようにするのが賢明でしょう。

酸味料

酸味をつけて甘味や風味をよくするために加えられます。また、食品中のPH調整の働きをして腐敗菌などの繁殖を抑えたり、保存料の効果を強めるためにも使われます。

酸味料には、クエン酸、乳酸、酒石酸、酢酸、グルコン酸、コハク酸、リンゴ酸などがあります。

コハク酸:マイレン酸希硫酸中で還元して合成されます。動物実験では5g/kgを経口投与で死亡、0.5g/kgでも下痢や嘔吐を生じたという報告があります。
DL-リンゴ酸:リンゴと聞くと自然なイメージがありますが、DLの付くものは化学合成されたものです。マレイン酸に加圧水蒸気を作用させて作られます。濃厚なものは皮膚や粘膜に刺激を与えます。
乳酸:筋肉中にも存在する物質で、防腐作用があり、大腸菌に対する殺菌力をもっていて、酵母の発育を助ける働きもします。用途は非常に広い。ミルクに混ぜて飲んだ未熟児が中毒死をしたという報告もあるほか、ラットによる実験でも体重減少や赤血球の減少がみられたとの報告があります。
酢酸:食用の酢から抽出するのではなく、化学合成によって作られます。酢酸の毒性は刺激性だけでなく、中枢神経と腎への影響も指摘されています。ラットに経口投与して死亡したという例や、ヘモグロビンや赤血球の減少が認められたという報告もあり、劇物の指定をうけています。

これらの添加物が酸味料として使われていますが、表示にはただ「酸味料」とだけしか表示されません。

乳化剤

乳化剤については、このブログにも何度か登場していますが、水と油のような本来混じり合わないものを混じり合うよう乳化させるために使われる添加物です。

乳化剤には、グリセリン脂肪酸エステルショ糖脂肪酸エステルソルビタン脂肪酸エステルプロピレングリコール脂肪酸エステルなどがあります。

このうち、グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステルについては、下記の記事をご参照ください。

■ パンは添加物の固まり?パンに含まれる添加物 >>>

乳化剤は別名界面活性剤とも呼ばれ、発ガン性について疑いが持たれています。

香料

「匂いを消し」、「匂いを変え」、「香りを強める」という目的で香料が使われます。香料を使うことで、粗悪な原料を使ってできた匂いを消しておいしそうな匂いにすることが簡単にできるため、日本の合成香料技術は世界一といわれていて、どんな匂い、香りも作りだすことができます。
合成香料には実に様々な種類があり、ここにそれら全てを書くことはできませんが、合成香料の問題は、その毒性がほとんど明らかにされていないということです。合成香料の原料をたどっていくと、ほとんどが石油で、原料、中間物からくる不純物の毒性も考えられます。また、値段の安さからあらゆる食品に添加されるようになって、色々な化学物質を多量に摂取するようになっただけでなく、人間の嗅覚が狂ってしまうという怖さもあります。

合成香料についても、食品表示にはその詳細は示されず、ただ「香料」としか表示されないことが多く、どのような原料で作られたものかを知ることはできません。

 

カレーは無添加のものを

ここに挙げたもの以外にも、いわゆるトランス脂肪酸とよばれる植物性油脂や増粘剤、人工甘味料などを使ったカレーもあります。その他の大量生産の食品と同じく、レトルトカレーも食品添加物の固まりといえるでしょう。

食品は、よく食べるものから安心なもとへと変えていきたいものですが、カレーもそのひとつではないでしょうか(お子様も大好きですしね)。できるかぎり、無添加オーガニックのものを選びたいものです。

おすすめの無添加カレー

ムソーナチュラル タイカレー(グリーン、レッド、ベジタブル)3種セット

ムソーナチュラル レトルトタイカレー各種170g 460円(税抜)

食品添加物はもちろん無添加。オーガニックのカレーペーストや、こだわりの国産鶏肉、具材は国産野菜を使用するという徹底ぶりです。
本格的でありながら、日本人にも食べやすい味のタイカレーです。

 

(ムソー)直火焙煎カレールゥ・中辛170g

ムソー 直火焙煎カレールゥ(中辛) 70g 390円(税抜)

国内産小麦粉、食塩はシママース、砂糖はてんさい糖を使用。直火の釜で少量ずつ、じっくり時間をかけて焙煎しているので、合成香料では出せない深いコクがあります。

 

(キャニオン)こどものためのレトルトカレー80g×2

こどものためのレトルトカレー。80g x 2 275円(税抜)

1歳から食べられる、お子様にも安心のレトルトカレー。化学調味料、合成着色料、乳化剤、牛由来原料不使用。お子さまはもちろん、大人が食べてもおいしいカレーです。

 

■ 無添加レトルトカレーの商品はこちら >>>

■ 無添加カレールーはこちら >>>

 

■ こちらの記事もチェック

・パンは添加物の固まり?パンに含まれる添加物

・ 着色料は天然なら安心?

・ できるかぎり避けたい油 「トランス脂肪酸」

Written by オーガニック倶楽部通信

オーガニックに関する情報を中心に、安心なライフスタイルづくりに役立つさまざまな情報をお届けします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA