「甘いお菓子は食べたいけれど、砂糖は摂りたくない。」

そんな思いを多くの方がお持ちかと思います。

「食べずに我慢する!」というストイックな方もいらっしゃるかと思いますが、甘い物ってどうしても我慢ができないものですよね。。。そんなときは何を食べるのがいいのか?

今日はおすすめの砂糖不使用お菓子砂糖についての気になるお話です。

 

 

コンテンツ:

  1. 知っておきたい砂糖のカラダへの影響
  2. 「砂糖不使用」なだけじゃない。ギルトフリーな(罪悪感のない)オーガニックバー

 

知っておきたい砂糖のカラダへの影響

まずは、気になる砂糖の体への影響のお話から。

肥満や糖尿病など、砂糖の摂り過ぎが原因といわれるカラダの問題はさまざまありますが、砂糖のある生活とない生活では、病気の展開はずいぶんと違うそうです。ほとんどといっていいほどの疾患で、砂糖が直接、間接的に大きな原因となっていて及ぼす影響も大きいので、病気を治したいときは、砂糖の入ったものを止めるか、大きく制限することことが必要不可欠です。

では、病気の治りを妨げる砂糖の性質とはどのようなものがあるのでしょうか。

血糖値を急激に上下させる

砂糖は消化、分解、吸収されるのが早いので、血糖値のアップダウンが激しいのです。

血糖値のアップダウンが激しいというのは、糖尿病には絶対的に良くありません。

また、血糖値が短時間で激しく上下すると、ミネラルやビタミンを大量に消費するので、免疫力や自然治癒力を低下させてしまいます。このことが病気が治りにくくさせます。

さらに、砂糖の摂り過ぎは、感情の不安定や思考の短絡化、学力障害などを引き起こすともいわれています。砂糖の摂取の多い子供には、じっとしていられずに常に身体を動かす多動障害がみられます。
また、イライラは、免疫力の低下にもつながります。

婦人科疾患や認知症

少し難しい話になりますが、砂糖には、体内の筋繊維をゆるめてしまう働きがあります。筋繊維とは、筋肉を構成する繊維状の細胞で、これがゆるむとほとんどの病気に直接的に影響します。

例えば、血液の流れと巡りが悪くなって、冷え性、しもやけ、生理痛、卵巣機能の低下、自律神経失調症などの婦人科系の疾患です。

また、胃腸などの消化管がゆるんで収縮力が弱まると、食べたものが体の外へ排出されるまでに時間がかかってしまって、胃腸内でとどまります。このことは、便秘、痔、胃潰瘍などの原因となります。

さらに砂糖は血液をドロドロにしますので、高血圧や脳梗塞、心筋梗塞といったドロドロ血液が原因の病気を引き起こします。

「甘いもの好きはボケる」と昔からいわれるように、砂糖の摂り過ぎは、脳の血流が悪くなって起きる認知症の原因ともなり得ます。

砂糖は感染症の原因にも

砂糖は感染症の発症や進行の原因にもなります。砂糖を口に入れると粘液ができますが、それが感染病の病原菌の絶好のエサになるからです。

粘液は砂糖の成分である果糖から作られていて水に溶けないので、肺や花、耳、のどなどに集まって痰や鼻汁になります。これが病原菌の繁殖地になるため、砂糖の入った甘い物を食べると、病原菌が身体の中で増えてしまうのです。

ここで重要なのが、感染と発症は別のものだということ。感染しても、発症しなければ病状は軽くてすみますが、体の中で病原菌が繁殖すると発症し、症状が進行します。例えば、インフルエンザに感染した場合、病原菌が繁殖してしまったら、発病するだけでなく、気管支炎や肺炎などの合併症まで引き起こす恐れがあるのです。

感染症の予防にも治療にも、病原菌を繁殖させないよう砂糖は避けることが重要です。

砂糖はアレルギーにも良くない

砂糖はヒスタミンレベルを上げるので、ぜんそくやアトピー、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患を悪化させます。

これらの疾患を治すには、砂糖の入ったものを口にしないことがとても重要です。

砂糖はカルシウム泥棒

砂糖の多い食生活を続けていると血中カルシウム濃度が上がります。これは、骨からカルシウムを抜きとっているからで、砂糖を多く摂る人ほど骨はスカスカで弱くなっているのです。骨粗しょう症だからといって、カルシウム剤でカルシウムを補おうとしても、砂糖を摂り過ぎていれば、抜ける量のほうが多いので間に合わないということにもなりかねません。

「砂糖不使用」なだけじゃない。ギルトフリーな(罪悪感のない)オーガニックバー

名称未設定 1_r2_c2

 

 

 

 

 

 

 

このように砂糖の摂り過ぎはカラダに良くありませんが、そこでおススメなのが、砂糖不使用の「Taste of Nature オーガニックフルーツ&ナッツバー」

名称未設定 1

 

 

 

 

 

 

「お菓子は我慢できないけれど、砂糖は摂りたくない」という方だけでなく、「質の良いものでお腹を満たしたい」という方にぴったりのヘルシーバーです。

 

特徴1.砂糖不使用

agave_r2_c2

砂糖の代わりに「低GI食材」として知られる天然甘味料「アガベシロップ」を使用しています。

また、安全面に不安のある人工甘味料も一切使用していません

 

 

 

 

GI値とは?

血糖値の上昇スピードを表す値のこと。この数値が高いほどインシュリンの分泌量が増え、脂肪を作る原因となります。低GIの食品は血糖値の上昇がゆるやかなので、インシュリン分泌量も少なくなり、太りにくいといわれています。また、糖尿病には低GIの食品が良いといわれています。

特徴2. 添加物不使用

素材は100%オーガニック合成添加物は一切使用していません

以下のものは使用していません。

・化学農薬
・化学肥料
・遺伝子組換え原料
・保存料
・着色料
・合成香料
・トランス脂肪酸

トランス脂肪酸とは?

いわゆる植物性油脂とよばれるものの一種です。肥満や動脈硬化などの成人病、アレルギーなどの原因となるといわれており、海外では、摂取量や表示が義務づけられている国も多く、米国では2018年に使用が全面禁止される予定です。一方、日本には規制がありません。

特徴3. グルテンフリー

Taste of Natureオーガニックフルーツ&ナッツバーはグルテンを含みません
グルテンは食欲増進や血糖値上昇による体重増加などの原因になるといわれていて、近年、ダイエットや体質改善を目的として、グルテンを含まない「グルテンフリー食品」を選択する人が急増中です。

特徴4. コレステロールフリー

生活習慣病や肥満の原因となるといわれているコレステロールは含まれていません。

特徴5. 動物性・乳成分フリー

動物性の原料や乳製品は一切不使用。100%植物性です。

 

名称未設定 1

 

美と健康がぎゅっと詰まった4種類(ザクロ、アーモンド、チェリー、ココナツ)。

女性の味方ザクロはインナービューティー作りのサポートに。

アーモンドは大粒がゴロゴロ。ヘルシーなエナジー補給に最適。

チェリーは酸味と甘さが気分リフレッシュに。

ココナッツはアーモンドやカシューナッツ等のナッツ類がぎっしり。

Taste of Natureオーガニックフルーツ&ナッツバー
各種 40g 280円(税抜)の詳細はこちら

 

 

 

 

■関連記事をチェック

「登山食」何がよい?

・ Taste of Nature(テイストオブネーチャー)オーガニックフルーツ&ナッツバーが再入荷

・ Taste of Nature オーガニックフルーツ&ナッツバー モニターさまの声をご紹介

Written by オーガニック倶楽部通信

オーガニックに関する情報を中心に、安心なライフスタイルづくりに役立つさまざまな情報をお届けします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA