本日は新商品のご紹介です。

このたび、オーガニックチョコレートiChoc(アイチョコ)に、白砂糖不使用チョコレート「 オーガニックココヤシシュガーチョコレート」が仲間入りしました!

Expedition

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「iChocライスミルクチョコレート」よりも甘さ控えめでビターなチョコレートとなっております。

その理由は、カカオの量を増やし、白砂糖の代わりにココヤシシュガー(ココナッツシュガー)を使っているから。

また、iChocライスミルクチョコのライスミルクのようなミルクの代替原料は使わず、アーモンドヌガーやタイガーナッツ、ココヤシシュガーなどの材料を可能な限りの量を使っています。

ローチョコ好きも満足できるほど濃厚でなめらかなテイストと口どけが特徴です。

 

スーパーフード使用

ココヤシシュガー(ココナッツシュガー)

ココヤシシュガーはココヤシの花の蜜から採れる甘味料です。そのココヤシシュガーを精製せずに使用していますので、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルをはじめとする栄養素が残っています。

また、ココヤシシュガーは血糖値の上昇スピードが緩やかとされる低GI食品です。白砂糖のGI値が100程度であるのに対して、ココヤシシュガーは約30となっています。

GI値とは?
血糖値の上昇スピードを表す値。この数値が高いほどインシュリンの分泌量が増え、脂肪を作る原因となります。低GIの食品は血糖値の上昇が緩やかなため、インシュリンの量も少なくなり、太りにくいといわれています。

タイガーナッツ

タイガーナッツは、たんぱく質や抗酸化物質を豊富に含み、古代エジプトでも貴重なエネルギー源として食されたといわれる太古からのスーパーフードです。

さつまいもや大根と同じ塊根類でありながら、ナッツのような風味を持ち、アレルギーの心配が極めて少ないことからナッツの代替品としても使用されています。

iChocココヤシシュガーチョコレートのジャングルバイツはこのタイガーナッツを原料として使っています。

 

■ タイガーナッツについてはこちらの記事もお読みください: 味は?食べ方は?最強のスーパーフード「タイガーナッツ」

 

体にも環境にも配慮したオーガニックチョコレート

iChocは100%オーガニック原料使用。大豆レシチンなどの乳化剤や香料など、合成添加物は使用していません。

また、カカオの産地であるドミニカの有機農園では、生産者の労働環境や賃金が公正なものであるよう、管理組合によって管理されています。

カカオの栽培で問題となっている、児童労働や奴隷労働もありません。

また、堆肥としてリサイクルできる資材など、パッケージも環境に配慮したものを使っています。

 

■ オーガニックチョコレートと一般のチョコレートの違いについてはこちらの記事もお読みください: オーガニックチョコレートを選ぶべき理由

 

ラインナップ

 

iChocオーガニックココヤシシュガーチョコレートジャングルバイツ

ジャングルバイツ 50g 390円(税抜)

カカオニブが入っているのでちょっぴりビターでクリスピー。タイガーナッツを配合しています。

 

iChocオーガニックココヤシシュガーチョコレートサニーアーモンド

サニーアーモンド 50g 390円(税抜)

クラッシュアーモンドがぎっしり詰まっています。とても満足感のある1枚。

 

iChoc オーガニックココヤシシュガーのご購入ページはこちら(ショップへ移動) >>>

 

■ 関連記事もチェック

オーガニックチョコレートを選ぶべき理由

 

Written by オーガニック倶楽部通信

オーガニックに関する情報を中心に、安心なライフスタイルづくりに役立つさまざまな情報をお届けします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA