ume

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろお弁当に保冷剤を使用したり 夏バテをしない為の準備を始めたりする時期。本日は、これからの季節におすすめの梅酢をご紹介いたします。

★梅酢とは?
梅本来のチカラを引き出した梅酢。 梅酢は自然発酵で出来上がる過程で、クエン酸・リンゴ酸・ポリフェノールなどの有機酸が豊富に含まれているといわれています。
梅酢1本で、疲労回復・殺菌効果など、嬉しい効果がたくさん! 梅酢をスーパーフードという人も出ている程、身体に良い食品です。

 

★梅酢の嬉しい効果
梅酢の効果1.殺菌効果あり

「梅酢」には強い「殺菌・抗生」作用があります。
これは梅酢に豊富に含まれるクエン酸などの有機酸によるものです。これに対抗できる菌はないようで、空気中の菌まで殺菌する力があります。
体内に侵入したウィルスなどの異物を分解して排泄してくれます。
さらに梅酢に含まれる塩にも大腸菌や結核菌のような細長い形の陰性菌にも効き目があり、梅酢はこの有機酸と塩の2つの成分が合体した、非常に強い殺菌力を持つ食品なのです。

数滴お米に入れて一緒に炊いたり、おにぎりに混ぜると傷みにくく 保冷剤だけで不安なお子様のお弁当にもオススメです。
ご家族の身体のことを考えると、添加物が多い冷凍食品のおかずをお弁当に入れるよりは梅酢を使用してはいかがでしょうか?

 

梅酢の効果2.疲労回復

日頃の生活での疲れ・これからの季節な夏バテからくるだるさなど感じたことはありませんか? 食事だけは偏りが出てしまったり、食欲がない時は梅酢がオススメです。
クエン酸がたっぷり含まれているので、疲労物質をエネルギーに変えて解消してくれるので 疲れが取れやすくなるといわれています。

さらに梅酢に含まれる塩にも大腸菌や結核菌のような細長い形の陰性菌にも効き目があり、梅酢はこの有機酸と塩の2つの成分が合体した、非常に強い殺菌力を持つ食品なのです。

そして何よりもすごいところは、悪玉菌だけを殺菌し、善玉菌は活性化してくれるところ。善玉菌までも殺してしまう化学的な殺菌剤や抗生物質の代わりに「梅酢」を活用すれば、副作用の心配なくウィルスや細菌の脅威から身体を守ることができます。

 

梅酢のいろいろな使い方

1.うがい薬として

水で5、6倍に薄めてうがいをします。

2.吐き気や下痢に

吐き気や下痢のときは2,3倍に薄めて、盃に1、2杯飲むと楽になります。

3.殺菌スプレーとして

3、4倍に水で薄めたものをスプレー容器に入れて持ち歩いて、時々手やのどにスプレーすると感染予防になります。 まな板などの台所用品などの殺菌にも有効です。

全ての方に効果があるわけではありません。症状が続く場合は医師にご相談ください。

 

添加物が混入されていない身体にやさしい食品で健康を手に入れましょう。

 

■オススメ商品

0000000002262

 

 

 

 

 

 

 

「有機梅酢<赤> 200ml」のご購入はこちら >>>

 

 

200

 

 

 

 

 

 

 

「有機梅酢<白> 200ml」のご購入はこちら >>>

Written by オーガニック倶楽部通信

オーガニックに関する情報を中心に、安心なライフスタイルづくりに役立つさまざまな情報をお届けします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA