むそう商事が運営するナチュラル&オーガニック通販ショップ ビオフロレスタ
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

トップ > 妊婦さんに安心・安全なオーガニック食材

妊婦さんに安心・安全なオーガニック食材

スマホ用ページを表示する

妊婦さんにオーガニック食材のススメ

妊婦さんにおすすめ商品一覧を見る

子育ては妊娠中から〜妊娠中の食事が胎児に大きな影響を及ぼします〜

妊娠中の1日は、胎児にとって1千年に相当するといわれています。
合成添加物や農薬まみれの農産物、環境ホルモン、放射性物質などの化学物質がお母さんの飲食を通じて胎児の体内に送り込まれると、たとえ1日だけだとしても、1千年もの間、胎児がそれらの物質にさらされたことになるのです。

現在、増加の一途をたどるアトピー性皮膚炎は、母親が食べた食べ物に含まれる化学物質が原因の一つと考えられていますし、合成添加物や農薬は、その他にも胎児にさまざまな悪影響を及ぼすといわれています。

赤ちゃんを健康な体でこの世にむかえるために、まずは、これらの不安物質を取り除くことがとても重要です。

妊娠中避けたほうがよい食品

01.合成添加物を含む加工品

  • ・アトピーやぜんそくなどアレルギーの原因のひとつといわれています。
  • ・染色体異常や遺伝毒性、妊娠障害など、さまざまな症状を引き起こす可能性があると指摘されています。
  • ・身体を冷やし、貧血の原因ともなります。

  • ○妊娠中は特に避けたい合成添加物
添加物 使用されている代表的な食品 用途 毒性
赤色2号、3号、104号、105号、106号 お菓子、清涼飲料水、アイスクリームなど 着色料 死産の増加、染色体異常、受胎毒、催奇形性、妊娠率の低下の報告あり。米国では使用禁止。
アスパルテーム 清涼飲料水、菓子、漬物など 甘味料 新生児にフェニルケトン尿症発 症の危険性。催奇形性、胎児 に脳障害、脳腫瘍、目の障害 など
ソルビン酸、ソルビン酸カリウム 魚肉練り食品、煮豆、佃煮、味噌、漬物ケチャップ、パン、ジャムなど 保存料 遺伝子・染色体異常、変異原生の報告あり
パラオキシ安息香酸パラオキシ安息香酸Na 醤油ソース果実ソース酢清涼飲料水など 保存料 染色体異常、変異原性、遺伝毒性動物実験高死亡率の報告あり
亜硫酸Na、亜硫酸ソーダ 乾燥果実、果実酒、果汁、エビのむき身など 酸化防止剤 変異原性、催奇形性の報告あり
リン酸Na ハム、魚肉練り食品、乳製品加工品、麺類など 飲料水の酸味料、醸造用のpH調整、食肉、魚肉製品の粘 低カルシウム血症
臭素酸カリウム パン類 製パン用イーストフード 遺伝子異常
TBZ(チアベンダゾール) グレープフルーツ、オレンジ、レモンなど 防カビ剤 遺伝子損傷性、変異原性、染色体異常

※これらは一例にすぎません。合成添加物の摂取は極力避けるよう意識しましょう。

01.残留農薬・化学肥料

「日本の野菜は安全」と思われがちですが、農薬の使用量は世界第1位となっています。
欧州などで危険だとして禁止されているものが日本では規制されることなく使用されているケースも少なくありません。
大人にはすぐには影響が出なくとも、大人に比べ影響を何倍も受けやすい胎児にとっては、わずかな量でも危険因子となります。

妊娠中は、野菜を多く食べることが望ましいですが、農薬や化学肥料を使って栽培された野菜を繰り返し摂取することは避けましょう。


残留農薬、化学肥料の危険性:催奇形性、遺伝子異常、アレルギーなど

*

01.遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換え食品の安全性はまだ立証されていません。

アレルギーの原因の可能性があるといわれるだけでなく、最近では、妊婦と胎児の体内から、遺伝子組み換え植物中の有害物質が見つかったという報告も出ています。

遺伝子組み換え原料の使用の有無の表示のあいまいな食品はできるかぎり摂らないようにしましょう。

*

遺伝子組み換え原料の使用が認められている主な食品

大豆、とうもろこし、じゃがいも、菜種、アルファルファ、テンサイ、パパイヤ、これらを原料として作られた加工品や添加物

*

遺伝子組み換えの表示のあいまいさ

遺伝子組み換え原料の使用がある場合、その旨を商品に表示する義務はありますが、日本におけるその表示は非常にあいまいです。

  • 原材料は含まれる割合の多いものから記載しますが、3番目のものまでに遺伝子組み換え原料が使われてなければ表示する義務はありません。したがって、4番目以下に遺伝子組み換え原料が使われていたとしても、表示しなくてもよいということです。
  • 流通過程などでの混入を完全に避けることは難しいため、5%未満の含有であれば「使用していない」と表示することができます。
    たとえ占める割合が3番目までであっても、5%以下であれば表示する義務はないということになります。
    合成添加物の原料として遺伝子組み換え大豆やとうもろこしなどが使われていても、商品に占める割合が低いため表示されていないケースなどがあります。
  • 遺伝子組み換えとそうでない作物を分別しない「不分別」という方法で管理された原料を使った場合は、「不分別」と表示する義務があります。
    「不分別」の場合、遺伝子組み換え作物が混入する可能性が高いためです。
    しかし、きちんと表示されているケースは少ないのが現状です。
  • 加工過程で分解されるものは表示義務はありません。醤油や植物油など、遺伝子組み換え作物が原材料に使われていても、遺伝子組み換えによるタンパク質やDNAが加工過程で分解されて検出されないものは、表示義務はありません。
    このように、原料の保管段階において混入したもの、遺伝子組み換え作物を使っていても原料に占める割合が低いものなど、知らず知らずのうちに口にしてしまっている可能性があるのです。

妊婦さんにおすすめの食材

国の定めたさまざまな厳しい基準をクリアした食品だけが、「有機」、「オーガニック」と表示することができます。有機JAS認証はその厳しい条件をクリアした正真正銘の安心・安全な商品であることの証です。食品を選ぶ際は、その認証を証明する「有機JASマーク」の付いた食品をできるだけ選ぶようにしましょう。

  • ・農薬*、化学肥料は使っていません*一部有機JAS法で許可されているものもあります。
  • ・保存料や着色料、化学調味料、人工甘味料などの合成添加物は使っていません
  • ・遺伝子組み換え原料は使っていません。また、遺伝子組換え農作物と非遺伝子組換え農作物が栽培・流通・加工の各段階で混入が起こらないよう管理されています。
  • ・栽培から最終製品まで、「どこで、誰が」作ったのかという情報が全て管理され、追跡することができます。

Notice!

有機JAS食品が手に入らないときは、野菜や米は、無農薬栽培のもので産地や栽培者が分かるものをできるだけ選びましょう。
野菜は旬のものを食べるようにしましょう。
加工品なら、合成添加物や遺伝子組み換え原料を使っていないものを注意して選ぶようにしましょう。

妊婦さんにおススメの食材

胎児の成長には亜鉛というミネラルが重要です。亜鉛はたんぱく質の合成に必要な成分で、不足すると、酵素やホルモンの合成がうまくいかなくなり、細胞を再生したり修復したりする新陳薬な代謝が衰え、奇形や流産というトラブルを起こしやすくなります。

玄米や雑穀には、胎児の成長に必要な亜鉛などの抗酸化ミネラルが豊富に含まれています。 また、亜鉛には化学物質や放射線による遺伝子の損傷を修復する働きもあります。
玄米や雑穀、皮のついたままの野菜を食べることで、1日の必要量16mgの亜鉛を摂取できます。

伝統製法で作られた味噌や醤油などの発酵食品には、体内にたまった、合成添加物や農薬などの毒素を排出する働きがあり、羊水を浄化する働きも期待できます。亜鉛などのミネラルもバランスよく含まれています。また、アミノ酸、クエン酸などの酸には放射線を排泄する力があるといわれており、伝統製法の味噌や醤油はそれらの酸を含んでいます。
味噌のジコピリン酸に放射性物質を排泄する働きが強いという報告もされています。
チェルノブイリ事故発生当時、放射能対策のために、日本から大量の味噌が援助物質として送られたという事実もあります。

伝統製法とは…

麹菌などの微生物の働きだけを利用し、その土地固有の風土気候にまかせて、1年から3年ほどかけてじっくりと熟成させる、いわゆる天然醸造という方法です。味噌や醤油が本来持っている繊細で奥深い風味を生み出します。
いっぽう、スーパーなどで一般的に売られている味噌や醤油には、大量に安く作るために人工的に温度調節をしたり、アミノ酸を加えたりして醸造期間を短くして短期間で作られたものや、保存性をあげるための保存料や旨みを出すための化学調味料といった合成添加物が使用されているものが数多く存在します。

味噌の作り方比較

味噌の作り方比較

妊娠中は一般的に便秘しやすくなると言われますが、便秘をすると身体の中に良くない物質がたまってしまいます。
体内に蓄積した脂肪分は腸に胆汁として排泄されますが、このとき、腸に食物繊維を送ってあげれば、繊維質が胆汁を絡め取って体外へ便として洗い流してくれます。
脂肪を排泄できれば、合成添加物や農薬、放射性物質などの有害な物質も体外に排泄されます。便秘をしていると、胆汁は再吸収されて肝臓に戻り、毒素が濃縮して溜まっていくので、これに歯止めをかけるために食物繊維を多く含む食品を摂る必要があるのです。

マクロビオティックの考え方では、白砂糖は身体を冷やす食品と考えられています。
身体を冷やしすぎると貧血になったり、早産の原因となる恐れもあります。
妊娠中は、白砂糖の代わりに甘味料としてメープルシロップや米飴、てんさい糖、甘酒などを使いましょう。
また、乳製品もできるだけ避けるようにしましょう。おやつには、白砂糖や乳製品を使わずに作ったもの、全粒粉や雑穀の入ったお菓子、果物は南国のものを避け、火を通して食べたり、レーズンなどのドライフルーツなど、身体を冷やさない栄養バランスのとれたものを食べるようにしましょう。

合成洗剤やシャンプー、化粧品などに含まれる有害な化学物質は知らず知らずに皮膚から体内に取りこまれています。そのように皮膚から取りこんだ有害物質を経皮毒といいます。経皮毒は口から取りこんだ物質と比べてはるかに排泄率が悪く、体内に次々と蓄積されてしまいます。経皮毒の中で一番問題となるのが合成界面活性剤で、アレルギーや肌荒れ、シミだけでなく、赤ちゃんの奇形やガン、白血病などを引き起こすと言われています。 毎日使う石けんやシャンプーは合成界面活性剤の含まれていないものを選ぶよう注意しましょう。また、皮膚に触れる洋服や下着も合成界面活性剤の含まれていない洗剤で洗うことをおすすめします。

*

妊娠中、食品に含まれる合成添加物が胎児に良くないことを耳にしてから、妊娠前にはあまり見ることのなかった食品表示を注意して見るようになりました。

そして、スーパーなどで簡単に手に入る食品には、危険性があるといわれる添加物がほとんどのものに含まれていることを知ったのです。「安心して食べられる食品を手に入れるにはどうすればいいのか」産まれてくる赤ちゃんに悪い影響があるかもしれないものはできるかぎり身体に入れたくないと考えた私が辿り着いたのが有機食品でした。

土づくりから有害なものを一切排除した有機食品は、安心なだけでなく栄養価も高いと聞きます。現在は無事出産を終え授乳中ですが、赤ちゃんに安心で健やから母乳を与えられるよう、引き続き我が家の食卓に有機食品は欠かせないものとなっています。

妊婦さんに嬉しいレシピ

【ヴィーガンスイーツ・ココナッツパンケーキ】牛乳もバターも使わないパンケーキ。食物繊維豊富な全粒粉をたっぷりと使ったパンケーキに、豆腐とココナッツクリームで作ったクリームをかけていただきます。

レシピ詳細を見る
妊婦さんにオススメのレシピ集はこちら
妊婦さんにおすすめの飲み物

ビオフロレスタから妊婦さんにおススメの商品

商品画像

金沢大地有機JAS玄米

除草剤や農薬を使用せず、自家製肥料で栽培した有機JAS米です

ランドバーグ農場有機JASあきたこまち

ランドバーグ農場有機JASあきたこまち

日本人のために作られたカリフォルニア産有機JAS米です

有機JASグラノーラ

有機JASグラノーラ

亜鉛や食繊維を豊富に含むオーツ麦を主原料としたグラノーラです

有機冷凍野菜

有機冷凍野菜

ヨーロッパの肥沃な大地で育てられた新鮮な有機野菜をそのままパック詰めしています。


味噌

味噌

杉樽で長期熟成させた生みそです。

リブレフラワー

色々なお料理に使える玄米粉末。玄米は食べにくいという方にオススメです。

オーガニックストレートグレープフルーツジュース

グレープフルーツは妊婦さんに必要な葉酸を豊富に含みます。

砂糖卵乳不使用のお菓子

砂糖卵乳不使用のお菓子

全粒粉や雑穀、フルーツ、豆など栄養価の高い材料を使った有機JASのお菓子です


商品画像

タンポポティ

コーヒー風味のノンカフェイン飲料です。

有機JASレーズン

有機JASレーズン

カリフォルニア産有機レーズン。鉄分、ビタミン、ミネラルなどの補給

有機JASメープルシロップ

有機JASメープルシロップ

お菓子だけでなく、砂糖の代わりに調味料としても幅広く使えます

てんさい含蜜糖

北海道産の甜菜を原料に作られた、オリゴ糖を含むお腹に優しいてんさい糖です。

米飴

国内産もち米を使い、昔ながらの手法で作ったもち米飴です。

豆類には食物繊維や亜鉛などの栄養素が豊富に含まれています。

漬け物・ふりかけ

漬け物やマクロビオティックの定番である鉄火味噌は玄米食のお共に。

雑穀・ごま

カルシウム、鉄分、食物繊維、鉄分といった不足しがちな栄養素を多く含みます。

乾物・海藻

海藻や高野豆腐などの乾物は亜鉛を多く含む代表食品です。

【シャボン玉】EM石けん

天然油脂を釜炊き製法(ケン化法)でじっくり炊き上げて作った無添加の洗剤、石けん、シャンプーです。