むそう商事が運営するナチュラル&オーガニック通販ショップ ビオフロレスタ
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

トップ > 甘酒のチカラ

発酵パワーで夏バテ予防やダイエット「甘酒のチカラ」

甘酒のちから

夏バテ予防に「飲む点滴」甘酒を

甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6,葉酸、食物繊維、オリゴ糖やシステイン、アルギニン、グルタミン酸などのアミノ酸、ブドウ糖を豊富に含み、点滴とほぼ同じ成分が含まれることから【飲む点滴】と呼ばれます。江戸時代には夏バテ防止の“栄養ドリンク”として飲む習慣があったほどで、実は夏にこそ飲んでほしい飲み物なのです。

甘酒の嬉しい美容効果

美白効果

甘酒は多くのビタミンB2を含みます。ビタミンB2は皮膚や皮膚の粘膜を保護し、 皮膚を活性化させる働きがあります。 また、麹や酒粕には美白成分であるコウジ酸も豊富で、シミの原因になるメラニンの 過剰生成を抑制し、シミやくすみを防ぎます。

腸内環境を整えて快便に

甘酒には麹由来の食物繊維やオリゴ糖も含まれるため、腸の働きを助け、便通を良くしてくれる作用もあります。

新陳代謝アップも

甘酒にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸が含まれるため、糖質や脂質、タンパク質の代謝を活性化させる効果があります。また、リパーゼという成分も含まれており、脂肪を分解してくれます。
断食をするとデトックス作用が働き腸内がキレイになるといわれていますが、その効果をさらに高めるのが甘酒を使ったプチ断食です。その最大の理由は、甘酒に含まれるビタミンやアミノ酸など、身体を活性化する成分が、腸内で十分に燃焼されなかった脂肪や糖、タンパク質を一気に燃焼してくれるからです。 また、甘酒を飲みながらの断食は、温かいものをお腹に入れることで飢餓感も少なく、副交感神経が刺激され内臓脂肪が燃えやすくなります。夕食の代わりに甘酒を飲むことで、摂取カロリーを抑えながら、大幅なダイエット効果が期待できるのです。

甘酒を使ったプチ断食のやりかた

新月と満月の月2回夕食を甘酒にかえる

新陳代謝が盛んになる新月と満月の日に行うと、デトックス効果がさらに高まります。また、女性の場合、ホルモンバランスも整い、生理不順や不妊が改善した例も多数報告されています。

米と麹だけの材料の甘酒を選ぶ

・飲む量は200〜300ml
・自然塩をひとつまみ加える
・すりおろしたショウガを加えると脂肪燃焼効果が高まります



2016年今後の新月と満月

(新月) 6/5、7/4、8/3、9/1、10/1、10/31、11/29、12/29

(満月)1/24、2/23、3/23、4/22、5/22、6/20、7/20、8/18、9/17、10/16、11/14、12/14

岡山県、倉敷市の水田に囲まれた地で、マルクラ食品の甘酒は作られています。 原材料は、玄米と玄米こうじのみ。砂糖、水飴、添加物は一切使用されていません。もちろんノンアルコールですから、お子さまにも安心です。 マルクラ食品の甘酒の最大のポイントはその強い甘味。その秘訣は“麹”にあります。多くは製麹機を使用しますが、マルクラは完全に手作業で麹を仕込みます。かなりの重労働ですが、約3日間、ほぼ毎日4〜5時間おきに3人交代で麹の様子を確認しながら、破砕米で仕込んだ麹をゆっくり時間をかけて発酵させます。 マルクラの甘酒は、地元倉敷のパン屋さんや、老舗和菓子屋の職人さんたちに長年愛用されています。

マルクラ食品玄米甘酒(有機米使用)

販売価格 432円(税込)
ご購入・レビューはこちら
100%植物性乳酸菌飲料麹ぐると

甘酒レシピ

お砂糖の代わりに甘酒を使えば、ヘルシーなだけでなく、優しい甘味と
味の深みが加わります。
マクロビオティックでは、甘酒を甘味料としてお料理にも使いますが、
マルクラの玄米甘酒なら、濃縮タイプなので少しの量でもしっかり甘みづけでき、
いろいろなお料理に大活躍してくれますよ。

「豆乳のヨーグルト風デザートドリンク」
豆乳にストレート果汁ジュースと甘酒を加えたさわやかなドリンクです。プチ断食用ドリンクとしてもおススメです。
材料(2人分)
豆乳 ・・・・・ 300ml
・レモン汁 ・・・・・ 少々
・オーガニックストレートジュース ・・・・・ 80ml
・マルクラ玄米甘酒 ・・・・・ 大さじ2
オーガニックグラノーラ(トッピング用) ・・・・・ 大さじ2
・・・・・ひとつまみ
   
作り方
1.ボウルに豆乳・レモン汁・ジュース・塩を加え、良く混ぜる。
2.

器に入れ、グラノーラを上に盛り付ける。

レシピ完成例
野菜のサルサ甘麹漬け焼き
夏に楽しみたい「サルサ」この味と甘酒を混ぜたら・・驚きの美味しさが待っていました。季節の野菜を好みの大きさに切って漬けることで、麹が野菜の旨みをぐっと引き出し、サルサのピリ辛が食欲をそそります。  
材料(2人分)
・玄米甘酒 ・・・・・ 150ml
・オーガニックサルサソース ・・・・・ 大さじ4
・じゃが芋 ・・・・・ 1個
・茄子 ・・・・・ 1本
・人参 ・・・・・ 1/2本
・かぼちゃ ・・・・・40g
・オクラ ・・・・・8本
・ピーマン ・・・・・2個
オーガニックエキストラバージンオリーブオイル ・・・・・大さじ3
作り方
1. 野菜は適当な大きさに切り、塩をふりしばらくおく。
2. 甘酒とサルサソースを混ぜ合わせ、,量邵擇鯆劼韻襦(2時間〜1日)
3. フライパンを熱し、△量邵擇鬚海鵑り焼く。
4. 器に盛り付け、オリーブ油を回しかける。
レシピ完成例
甘酒カスタードクリーム
豆乳に甘酒だけで甘みづけしたヘルシーなスイーツ。葛のなめらかな食感と甘酒の自然でありながらコクのある甘さが、とてもリッチで新鮮な一品です。  
材料(4人分)
・玄米甘酒 ・・・・・ 1袋(250g)
有機無調整豆乳 ・・・・・ 2カップ(400ml)
本葛 ・・・・・ 大さじ2
・水・・・ ・・・・・ 大さじ2
・バニラビーンズ ・・・・・ 適量
有機冷凍フルーツ ・・・・・トッピング用(お好みで)
オーガニックグラノーラ ・・・・・トッピング用(お好みで)
作り方
1. 本葛を水で完全に溶かす。
2. 鍋に豆乳、甘酒、バニラエッセンスを入れ、中火にかけてよく混ぜる。
3. △僕呂した葛を入れ、弱火にかけながら、木ベラで5〜6分混ぜる。固くなったら火からはずし、冷ます。
4. をミキサーにかけ、なめらかにする。器に盛って、お好みでフルーツやグラノーラなどをトッピングする。
レシピ完成例