むそう商事が運営するナチュラル&オーガニック通販ショップ ビオフロレスタ
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マクロビオティックライフ講座〜岡部賢ニ先生のコラム

「マクロビオティックライフ講座」では、マクロビオティックの普及に第一線でご活躍中のフードアンドメディカルコンサルタントの岡部先生に、マクロビオティックの基本から深く掘り下げた内容まで、やさしく丁寧に解説していただきます。マクロビオティックは、健康で若々しい体つくりに役立つだけでなく、心の浄化にも効果があります。その素晴らしさを少しでも多くの方に知っていただけますように。

*

第14回「糖質抜きダイエットの問題点」

*

糖質抜きダイエットをマクロビで考えると・・・?

 最近、ごはんやパン、うどんなどのでんぷん質を抜く糖質抜きダイエットが流行していますが、マクロビオティックの立場から見た場合どうなのかという質問をよく受けます。そこで、私なりの考え方をお伝えしたいと思います。

 生き物には食性というものがあり、パンダは笹の葉を、コワラはユーカリを、馬や牛は牧草を、というように、動物によって食べるものが決まっています。雑食である人間といえども、食性があるのです。 
  人間の歯の構造を見ると、穀物をすりつぶす臼歯が20本、野菜や海藻、果物などを噛む門歯が8本、肉を切り裂く犬歯が4本という割合になっています。ということは、穀物を60%、野菜、海藻、果物などを30%、動物性食品を10%の割合で食べるのが人間の生理的なバランスであることが分かります。

 日本人の食性は365日食べても飽きのこないお米を中心に、味噌汁と漬物を摂ることであり、それに旬の食べ物を添えるのが伝統的でした。そして時々、おめでたい日にだけ、お肉や魚といったごちそうを食べるのが従来の食べ方だったのです。

精白食品は不完全燃焼し、老廃物が体内に溜まります

 たしかに、現代は糖質過剰で糖尿病や肥満、メタボリックなどの生活習慣病が増えているのも事実です。しかし、その糖質には、よく燃えるものと、体内で不完全燃焼を引き起こすものと2種類あるのです。

 玄米雑穀ごはんといった皮つきの全粒穀物の場合、表皮に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維が、糖質に火をつける着火剤のような働きをし、体内で完全燃焼状態をつくりだします。それに対し、表皮を取り去った白米や精白小麦粉、白砂糖といった食品は、体内で不完全燃焼しやすく、老廃物が中性脂肪などに変わり、体内に蓄積されやすいのです。

 中でも、単糖類といわれる白砂糖は、体内に吸収される時間が早すぎるため血糖値が急上昇し、インスリンの過剰分泌をもたらします。そのため、今度は逆に血糖値が下がりすぎて、低血糖を引き起こしやすいのです。そのような単糖類を普段から取りすぎていると、しまいにはインスリンの分泌ができなくなり、糖尿病になる危険があるのです。

動物性たんぱく質の過剰摂取は内臓負担に

 糖質抜きをするなら、白砂糖や精白小麦粉、白米を抜くのがベストであり、マクロビオティック的な食べ方である玄米や雑穀、麦ごはん、分づきごはんに、糖質に火をつけるビタミンB群の多い伝統製法の味噌漬物海苔、納豆などを添えれば、体内で完全燃焼させることができ、生活習慣病を予防できます。

 また、糖質抜きダイエットの場合、お肉を食べなさいといわれるものがありますが、動物性たんぱく質を摂りすぎると毒素が腸内に発生しやすくなり、たんぱく質や脂質は悪玉菌のエサになりやすいため、腸内環境が悪化します。それだけでなく、毒素の処理をする肝臓や腎臓にも負担がかかります。また、家畜のエサに含まれる抗生物質やホルモン剤などにも問題があります。このようなことをふまえると、ショック療法として短期的には糖質ダイエットは効果があるかもしれませんが、長期的な視野で見ると、内臓の負担が増す危険性があります。

法則にそった食べ方でメリハリをつけて

 遺伝子の中に組み込まれている、生き物の食性という食べ方の秩序を「宇宙の秩序」といってもよいかもしれません。その秩序にそった食べ方がマクロビオティックであり、宇宙のリズムに乗っていれば、自然と健康にも幸せにもなれるのだと思います。
 元来、人間には選択の自由があるので、何を食べてもかまわないのですが、秩序違反は必ず自分にかえってきます。普段は粗食にして、時々ご馳走の日を設けるのが、陰陽のリズムであり、そのような伝統的な食べ方を継承することがマクロビオティックの役割だと思います。

岡部賢二(おかべけんじ)

大学在学中に渡米し、肥満の多さに驚いて「アメリカ社会とダイエット食品」をテーマに研究。日本の伝統食が最高のダイエット食であると気づき、マクロビオティックを学ぶ。正食協会講師として活躍後、2003年、福岡県の田舎に移り住み、日本玄米正食研究所を開設。2005年にムスビの会を発足し、講演や健康指導、プチ断食セミナーやマクロビオティックセミナーを九州各地で開催している。著書に「マワリテメクル小宇宙〜暮らしに活かす陰陽五行」(ムスビの会)、「月のリズムでダイエット」(サンマーク出版)などがある。
ムスビの会HP(http://www.musubinokai.jp)

 

オススメの食材はこちら

販売価格 1,239円(税込)
ご購入・商品レビューはこちら
販売価格 494円
ご購入・商品レビューはこちら
販売価格 504円
ご購入・商品レビューはこちら