オーガニックココナッツオイル商品の通販ならビオフロレスタ
むそう商事が運営するナチュラル&オーガニック通販サイト ビオフロレスタ
2016年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2016年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

トップ > ココナッツオイル・ココナッツ商品 > オーガニックココナッツオイル

オーガニックココナッツオイル

ミラクル健康油。オーガニックバージンココナッツオイルをすぐに購入する。

ミラクル健康油 「オーガニック バージンココナッツオイル」の秘密

‖綣佞早く脂肪になりにくい

ココナッツオイルには「中鎖脂肪酸」が豊富に含まれます(約60%)。一般の植物性油の多くに含まれる長鎖脂肪酸が中性脂肪として体内に蓄積しやすいのに対し、中鎖脂肪酸はエネルギー代謝がよく、体内で効率よく分解されるので脂肪になりにくいことで知られています(代謝スピードは長鎖脂肪酸の約10倍の早さ)。

◆屮肇薀鵐校號短瀬璽蹇廖屮灰譽好謄蹇璽襯璽蹇

ココナッツオイルは「コレステロール」と「トランス脂肪酸」を全く含みません。「トランス脂肪酸」は、体内の悪玉コレステロールを増やして善玉コレステロールを減らし、動脈硬化などの血管の病気やさまざまな生活習慣病(心臓疾患・免疫低下・痴呆・発ガン性・糖尿病)などのリスクを高める脂肪酸として、海外では使用が制限されるケースも多くみられ、できるだけ摂取を避けたい成分です。

L髪嵶呂里△詈貽成分ラウリン酸

ラウリン酸は母乳にも含まれる成分で、優れた免疫強化力を持ち、抗菌、抗ウィルス作用、抗真菌(カンジダ症など)作用を持つといわれています。赤ちゃんには菌に対する免疫力がほとんどありませんが、その赤ちゃんを病原菌から守るのが、お母さんの母乳です。母乳で育った赤ちゃんが病気になりにくいのは、このラウリン酸が細菌の働きを抑えたり、赤ちゃんの免疫力を上げるからだともいわれています。ココナッツオイルにはこのラウリン酸が含まれ、この成分を天然で含む食品はココナッツオイルだけだといわれています。

せ晴修靴砲い

ココナッツオイルは熱に強く酸化しにくいという特長があります。油脂は、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分類され、不飽和脂肪酸が酸化に弱いのに対し、飽和脂肪酸は酸化しにくく劣化しにくいという特徴がありますが、ココナッツオイルはこの飽和脂肪酸を多く含むためです。油は熱を加えると、酸化して劣化が進み、風味が損なわれるだけでなく、酸化したものを体に摂取することは、体内の活性酸素を増やし健康にも良くありません。ココナッツオイルなら加熱してから時間がたってもベとつきがなくサクッとした食感が残るので、炒め物や揚げ物がとてもおいしくできます。また、不飽和脂肪酸は加熱すると酸化が進むだけでなく、トランス脂肪酸に変わり健康に悪影響を与えることがありますが、飽和脂肪酸にはそのリスクもありません。

オーガニック バージンココナッツオイルのいろいろな使い方

炒め物や揚げ物などのお料理に

普段使うオイルをココナッツオイルに変えれば、時間がたっても油臭くならず、サクっとした食感が残り、炒め物や揚げ物がとてもおいしくできます。また、高温で加熱しても活性酸素が発生しないのでヘルシーです。 ココナッツの香りがほんのりしますが、香りほど味は強くないので、いろいろなお料理に使えます。

バターやマーガリンの代わりにトーストにぬって

マーガリンやバターの代わりとして使用すると、ココナッツのほんのりと甘い香りが、トーストとよく合います。濃厚でありながらあっさりとした後味です。

お菓子やパンの材料としてバターの代わりに

乳製品不使用お菓子やマクロビスイーツなどのお菓子やパン作りにおすすめです。 クッキーやケーキ、パンの材料としてバターと同じように使えば、コレステロールフリーのヘルシーなお菓子・パンができあがります。
食べる以外にも使い道の多いココナッツオイル

メイク落としや保湿クリーム・マッサージクリームに

分子が小さいため浸透力があり保湿効果が高く、ココナッツオイルはスキンケアに最適です。肌を乾燥から防ぎ、紫外線防止効果も期待できます(ココナッツオイルはサンスクリーンの原料としても使われます)。お肌の上にそのまま塗ってお使いいただけます。浸透力があるので、表面に残らず、さらっとした使い心地です。敏感肌の方にも安心です。

トリートメントや頭皮マッサージ用ヘアクリームとして

乾燥や毛染めによるダメージで傷んだ髪などのケアに、ヘアトリートメントやコンディショナー、頭皮マッサージクリームとしても使えます。シャンプー後、髪全体になじませた後に洗い流すか、水で薄めて髪につけ、洗い流さないトリートメントとしても使えます。また、頭皮にそのまま擦りこんでマッサージした後、しばらく放置してください。

虫さされに

ココナッツオイルは原産国では、虫さされのかゆみ止めとしても使われています。さされた後患部に塗ると、痕もできにくいともいわれています。
ご愛用者の声
「今まで、ベジのお菓子が美味しく作れなかった方には、是非お勧めしたいオイル。バターのほぼ半分の量で、焼き菓子は口当たり軽く、風味良く仕上がります。遠くから鼻に抜けるココナッツの香りが後を引きます。パンに使っても美味しく、ピラフを作るときもぱらっと美味しく仕上がります。」(料理研究家・永原味佳さん)

「市販のヘアワックスを使うと肌に触れる部分に湿疹ができていましたが、最近はココナッツオイルをワックス代わりに使っています。湿疹もなくなって安心して使えます。」(会社員・関原マキさん)

「寒い時期なので白く固まっていますが、そのままスプーンですくって、料理の他にも手や顔に塗っています。娘の肌が乾燥したときも愛用しています。すぅ〜と溶けて浸透するのにはびっくりです。」(会社員・増野直美さん)
健康維持に1日スプーン一杯のココナッツオイルを
1日大さじ1〜4杯のオーガニック バージンココナッツオイルの摂取がおすすめです。東南アジアでは、免疫強化のためにバージンココナッツオイルを1日2杯飲む地域があったり、アメリカでも、セレブたちが実践していることから、ココナッツオイルを毎日飲むことを習慣にする人が増えているそうです。お料理は面倒という方も、いつものドリンクやデザートなどにスプーン1杯加えて、毎日手軽にオーガニックバージンココナッオイルを摂取しませんか。
 
・コーヒーや紅茶に  ・ヨーグルトに  ・甘酒に  ・スムージーに  ・アイスクリームに ・レトルトカレーに

ムソーオーガニック バージンココナッツオイルは有機認定を受けた農園で無農薬・無化学肥料で栽培されたココナッツを使用しています。安価なココナッツオイルは、できるだけ多くのオイルを絞るために化学溶剤を使用し、脱臭・精製などの工程を経てオイルにされることが多く、その過程で元来含まれるミネラルなどの栄養素が取り除かれてしまいます。また、使用した溶剤がオイルに残留し、体に良くない影響を及ぼす恐れもあります。オーガニック バージンココナッツオイルなら、溶剤などの化学薬品は一切使用せず、40〜45度で低温圧搾(コールドプレス)された無精製のバージンココナッツオイルですので、香りや栄養価がそのまま残っています。保存料などの添加物ももちろん使っていないので安心なうえ、ココナッツオイルは安定性が高いので長期保存も問題ありません。

ご使用上の注意

ココナッツオイルは他の食用油と違い、温度が約20℃を下回ると固まり、白い個体に変化します。冬場などの温度の低い部屋や、冷蔵庫に保存するとカチカチに固まりますので、スプーン等で削ってご使用ください。また、25℃以下の固まり始めには、びんの底に白い沈殿物がたまることがありますが、品質に問題はありません。夏場など、気温が25℃以上になると無色透明の完全な液体になります。スプーン等ですくってお使いいただくか、お好みで注ぎ口の小さなびんなどに移し替えていただいても使いやすいです。

ココナッツアイスクリームレシピ

全4件