妊婦さんにおすすめ飲み物ならビオフロレスタ
むそう商事が運営するナチュラル&オーガニック通販ショップ ビオフロレスタ
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

トップ > 妊婦さんにおすすめの飲み物

妊婦さんにおすすめの飲み物

妊娠中の飲み物選びにはナーバスになりますね。妊娠中の飲み物で、控えたほうがよいもの、おすすめのものをまとめました。

妊娠中は避けたい飲み物

.▲襯魁璽襦

妊娠中の飲酒は厳禁です。その最大の理由として、お母さんが妊娠中に摂取したアルコールの影響で赤ちゃんに発達障害や学習障害を起こしてしまう「胎児アルコール症候群」があります。これは、お母さんが飲んだアルコールが胎盤を通過して赤ちゃんのアルコール血中濃度が高くなることで引き起こされます。お母さんだけでなく赤ちゃんもアルコールを飲んだ状態となってしまうため、毎日続けて飲酒をするようなことは避けなければなりません。

 

▲フェイン

妊娠中、カフェインは過剰に摂らなければ問題はないといわれていますが、できるだけ避けたほうがいいでしょう。妊娠中は大人でもカフェインの分解にいつもより時間がかかりますし、赤ちゃんはカフェインを分解する機能がまだ未発達なため、お腹の中に溜まりやすく、赤ちゃんの体に負担をかけてしまいます。また、妊娠中特に必要なカルシウムや鉄分の吸収を妨げにもなるといわれ、カフェインの過剰摂取は流産のリスクを高めるという報告もあります。


カフェインが多く含まれる代表的な飲み物:
コーヒー 紅茶 ウーロン茶 緑茶 コーラ ココア など

 

タンニン

タンニンは、妊婦さんにとって大切な成分である鉄分の吸収を妨げるといわれています。貧血の心配のある妊婦さんは摂りすぎないよう注意したほうがいいでしょう。

タンニンが多く含まれる代表的な飲み物:
紅茶 コーヒー 緑茶 ウーロン茶


づ分の多いジュース

炭酸飲料や清涼飲料水にはたくさんの糖分が含まれています。カロリーの摂りすぎになるだけでなく、白砂糖には体を冷やす作用があり、毎日多量に摂ると貧血や早産の原因となってしまう恐れもあります。果汁100%ジュースにも意外と糖分やカロリーが高いものがあるので注意が必要です。


妊婦さんにおすすめの飲み物

では、妊婦さんに良い飲み物にはどんなものがあるでしょうか。代表的なもの、おすすめのものをご紹介します。

たんぽぽコーヒー



たんぽぽの根を乾燥させて焙煎させた、コーヒーの代替として妊婦さんに人気のカフェインレス飲料です。たんぽぽには、血液の流れを良くして母乳を出やすくし、母乳の質を良くしてくれる作用があると言われており、中国では古くから漢方薬として使われています。それ以外にも、下記のようなさまざまな効能が期待できるといわれています。
○鉄分、ミネラル、ビタミンA・Cを多く含む
○脂肪やコレステロールを減らす
○冷え性の改善
○利尿作用によるむくみの改善
○便秘の改善
 

三年番茶



三年番茶とは、成熟した茶の茎葉を3年かけて保存、熟成させて作られるお茶です。煎茶など一般的なお茶は新芽を使うのでカフェインやタンニンが多いのに対し、三年番茶は古い茎葉を使うためカフェインやタンニンをほとんど含みません。また、緑茶など緑色のお茶には体を冷やす作用がありますが、三年番茶は体を冷やしません。刺激も少なくおだやかな風味で、香ばしい香りがとても飲みやすいお茶です。

麦茶



麦茶はカフェインを含まないので、妊婦さんも安心して飲むことができます。ただし、飲みすぎると体を冷やすので、夏以外は飲む量に気をつけたほうがいいでしょう。

甘酒



甘酒はアルコールだから妊婦さんは飲まないほうがいいのではと思われるかもしれませんが、米麹から作られたものであればアルコールは含まないので妊婦さんでも安心して飲むことができます。むしろ、母乳の分泌を促す、腸内環境を整える、新陳代謝を良くするなど、甘酒には妊婦さんに嬉しい作用が期待できます。甘酒を選ぶときは、砂糖を加えていない米100%のものを選びましょう。ミネラルなどを含む玄米を使ったものは、さらにおすすめです。甘いものが欲しくなったとき、砂糖や添加物がたっぷり入った飲み物やお菓子の代わりに甘酒を飲むと落ち着きますよ。


野菜ジュース(有機のもの)



妊娠中はさっぱりとした飲み物が飲みたくなりますが、お砂糖や添加物のたくさん入った清涼飲料水や炭酸水はできるだけ避けたいもの。代わりに、ビタミンや食物繊維、カルシウムなどを含む野菜ジュースがおすすめです。しかし、せっかく体に良い成分が入っていても農薬まみれでは意味がありません。野菜ジュースを選ぶときは、農薬や化学肥料、添加物を使っていない有機(オーガニック)のものを選ぶようにしましょう。

ココナッツウォーター


海外セレブが愛用していることから火がつき、日本でも最近話題を呼んでいるココナッツウォーターも妊娠中の水分補給におすすめです。ココナッツウォーターは、むくみを防ぐカリウムや新陳代謝を促すマグネシウムを含み、体に吸収されやすく水分回復力が高いといわれています。また、ココナッツには、母乳成分であり、赤ちゃんを病原菌から守るとされるラウリン酸が含まれ、免疫力アップにも効果があるといわれています。さらに、糖分、脂肪分、コレステロールはゼロなので安心。ただし、ココナッツウォーターには体を冷やす作用もあるため、飲みすぎないように注意が必要です。


グレープフルーツジュース



グレープフルーツには妊婦さんや胎児に必要な葉酸のほか、ビタミン類などが含まれます。ビタミンCは特に豊富で、グレープフルーツ1/2個で、国の定めた1日必要量を摂取することができます。ストレートのグレープフルーツジュースなら、これらの栄養素の補給に役立ちますし、つわりなどでさっぱりしたものが飲みたいときには嬉しい飲み物です。ただし、グレープフルーツには農薬や、栽培後に添加される防カビ剤の影響が懸念されますので、それらの心配のない有機(オーガニック)のものを選びましょう。
オーガニックカフェインレスコーヒー(デカフェ)を見る
妊婦さんにおすすめの飲み物はこちら