むそう商事が運営するナチュラル&オーガニック通販ショップ ビオフロレスタ
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

トップ > オーガニック野菜(有機野菜)のすばらしさ

オーガニック野菜(有機野菜)のすばらしさ

今日、「オーガニック野菜」「有機野菜」という言葉が以前より身近になり、まだまだ数は少ないとはいえ普通のスーパーなどでも手に入れることができるようになりました。徐々に一般の家庭にも浸透しつつあるオーガニック野菜ですが、「オーガニック野菜」「有機野菜」と一般の野菜の違いを正しく理解している人はまだまだ少ないのではないでしょうか。1人でも多くの人にオーガニック野菜について知っていただき、たくさんの人に食べていただくために、オーガニック野菜のすばらしさについてお話しします。

オーガニック野菜(有機野菜)とは

「オーガニック」「有機」と呼ぶには有機JAS認定が必要です:

「オーガニック野菜」と「無農薬野菜」の大きな違いは、オーガニック野菜(有機野菜)が国の定めた厳しい基準をクリアしたものだということです。以前までは、「オーガニック」や「有機」と表示されていても、その定義は明確ではなく、本当に信頼できるものとそうでないものの区別があいまいでした。そのため、いわゆるニセモノのオーガニック品が市場に出回ってしまっていたのです。そのような状況を受けて,つくられたのが有機JAS法です。オーガニック検査員の検査を受け、国の定めた厳しい基準を満たしていると認められた野菜は、「有機JASマーク」を表示することができ、正真正銘の「オーガニック」「有機」となります。 つまり、有機JASマークの付いていないものは、「オーガニック」や「有機」とはいえないのです。
では、「オーガニック野菜」「有機野菜」の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

土づくりから農薬・化学肥料は使用しません。

無農薬栽培が栽培中のみ農薬を使用しないのに対し、有機栽培では、栽培中はもちろんのこと、種まき、または植え付け前の2年以上前(多年生産物は、最初の収穫前3年以上前)から農薬*、化学肥料を使用していない土地で栽培されます。また、まわりの畑や田んぼから飛んできた農薬や化学肥料が付着してしまったら、オーガニック、有機とは認められません。栽培中だけでなく農産物の保管や運搬においても、農薬・化学肥料による汚染、混入がないよう管理しなければなりません。1、2年の歳月をかけて自然堆肥を作り、草を引き、虫が発生したら1匹1匹を手で駆除していくなど、莫大な手間ひまをかけて作られるのが有機栽培です。 なお、無農薬栽培や特別栽培では化学肥料はいくらでも使用することでき、有機JASのような検査もありません。
*農薬は一部有機JAS法で認可されているもののみ使用する場合があります

 

トレーサビリティー

野菜を選ぶとき「生産者の顔が見える」ことは、大切な要素のひとつではないでしょうか。オーガニック野菜は、「どこで、誰が作ったか」という履歴が残っているので、たとえ何か問題があったときでも、生産者まで辿って調査をすることができます。国産のオーガニック野菜であれば、生産現場まで日本全国どこへでも半日もあれば行くことができるというわけです。


遺伝子組換え種は使用しません

遺伝子組換えされた種は使用しません。遺伝子組換えとは、特定の害虫や農薬に対して強くするため人工的に種のDNAを操作することです。遺伝子操作でできた作物は、「その作物を食べた害虫が死ぬ」、「強力な除草剤にも枯れない」など、自然的には起こり得ない特徴を持ちます。栽培コストを削減し大量栽培を可能にするといわれている半面、除草剤の大量散布や周辺の非遺伝仕組み換え作物との交配による生態系への影響などが問題視されています。そして、人体に対する安全性はいまだ立証されていません。
日本ではまだ遺伝子組み換え作物の栽培は許可されていませんが、大半を輸入にたよっている大豆、トウモロコシ、ナタネなどの輸入品75%〜80%が遺伝子組換え作物であると考えられ、その量は国内の米生産量の約2倍ともいわれます。また、国産であっても、栽培に使われる肥料に遺伝子組み換え作物が使用されていることがあるのです。


「安心」だけではないオーガニック野菜の良さ

オーガニック野菜の良さは安心であることだけでなく、なんといってもその「おいしさ」です。もし、オーガニック野菜のおいしさについて半信半疑なら、お子様ならニンジン、ピーマン、女性ならレタス、男性ならジャガイモやさつま芋などをだまされたと思って食べてみてほしいと思います。野菜嫌いの子供でも、おいしい有機野菜であれば、生のピーマンでも大根でも、喜んで食べてくれるかもしれません。それほど、甘くて香りが良く、一般の野菜とは大きく違うからです。


 

そして、有機野菜を食べることの良さとして、「旬と季節がわかる」ことがあります。スーパーでは季節に関係なく1年中あらゆる種類の野菜を買うことができますが、野菜にはそれぞれ旬があり、本来その季節にしか食べられないものです。有機栽培なら、季節に応じた野菜を栽培しますので、その野菜を食べることで季節を感じることができますし、日本の四季の豊かさや、自然の中で自分の力で育った野菜本来の姿や味を知ることができます。

 

また、栄養面の違いもあります。作り手や土壌の状態によって、必ずしも全ての有機野菜が昔の野菜と同じくらいの栄養価があるとはいえませんが、それでも一般的にはオーガニック野菜は栄養価にすぐれているといって問題ないと思います。

1人でも多くのひとにオーガニック野菜を

以前に比べ身近になったとはいえ、流通している野菜の中のオーガニック野菜の占める割合は0.2%ほどしかありません。オーガニック野菜がなかなか普及しない理由として、「買う場所がかぎられている」、「値段が高い」、「種類が少ない」などのデメリットがよく挙げられますが、これには流通の問題が大きく関係しています。
「買う場所がかぎられている」のは、需要が少ないため一般スーパーが置かないからです。「高い」のは、一般の野菜のように、見た目で振いにかけた結果、出荷ができないものが多数あるからです。 「種類が少ない」のは、ジャガイモなど日持ちするものだけを扱い、葉物など傷みやすいものはお店が扱わないからです。

 

では、これら流通の問題をなくすにはどうすればいいのでしょうか。
〜別しない。大きさや見た目で振り分けしない。色や形をそろえない。
△劼搬泙△燭蠅僚鼎気鬚修蹐┐此△劼隼海いらで売る。
G晴箸ら届いたものを店が売る。商品指定をしない。
この3つを守れば、農薬を使った野菜より安くなることもあります。重さをそろえる手間や出荷のロスがなくなり、その分の価格が下がるからです。流通の工夫ひとつでできることはたくさんあるのです。


もちろん消費者の意識も変わる必要があります。「見た目は悪くても安心な野菜がほしい」「おいしい野菜なら少々値段が高くてもいい」と納得してくれる消費者が増えることで、提供する場所も広がります。
1つの野菜を買うということは、その生産者を支持することでもあります。1人でも多くの人が1つでも多くのオーガニック野菜を買うことで、日本の生産者、農業を守ることにつながるのです。