むそう商事が運営するナチュラル&オーガニック通販ショップ ビオフロレスタ
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

トップ > 低GI食品

低GI食品

GI値とは?

GI値とはグリセリック・インデックスの略で、血糖値の上昇スピードを表す数値です。 ブドウ糖などの単糖を摂った後は、血糖値が急上昇し、その後急激に下がります。血糖値が急上昇した後下降すると、身体はそれをエネルギー不足と捉え、疲労感を感じます。そして、そのエネルギー不足を補おうと、さらに食べるという悪循環を引き起こします。つまり、血糖値の急上昇と下降を短時間で引き起こすため、空腹を短時間で感じやすくなるのです。 反対にGI値が低いと血糖値の上昇が緩やかなので、空腹になるまでの時間が長く、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

一般的にGI値が55以下であれば低GIであるといわれています。

甘いものが食べたくなったら。間食も低GIのものを

GI値は、血糖値を気にされる糖尿病の方をはじめ、甘いものが好きな方、ダイエットをされている方は特に意識したいものです。
お砂糖の代わりに、ココナッツシュガーメープルシロップアガベシロップを使ったり、間食にはこれらの甘味料を使ったお菓子を選ぶなど、甘いものを食べるときにも意識して低GIのものを選ぶようにしましょう。

全26件