ご存知ですか?ナチュラルチョコレートが「冬季限定」の理由

2021.12.13

お役立ち情報

商品紹介

 

一粒で本物のチョコレートの味がわかる「ムソーナチュラルチョコレート」。

長年にわたりオーガニック食品を輸入してきたむそう商事の、秋冬の一番人気商品です。

お届けできるのは、木枯らしが吹き始める晩秋から、コートが要らなくなる春先まで。毎年、再開を心待ちにするファンの皆様から「今シーズンは、いつ頃から買えますか?」というお声をいただきます。

ご愛顧ありがとうございます、通年お届けできなくてごめんなさい。ナチュラルチョコレートは、夏場は溶けやすいため、冬季限定品となっています。では、どうして溶けやすいか、というと…

 

 

ご存じの通り、チョコレートは、カカオの種子(カカオ豆)から作られます。カカオ豆を発酵させて焙煎し、すりつぶしてペースト状にした「カカオマス」と、カカオマスから搾り取った油脂分「ココアバター」が、チョコレートの主な原料です。

 

口に入れると体温によってとろりと溶け出し、味わいが広がるのは、融点が人の体温に近いココアバターを使っているからこそ、です。

本来のチョコレートは、カカオマスにココアバター、砂糖、ミルクパウダーを混ぜて作られますが、ココアバターは高価なうえ、夏場は溶けやすいので、コストが安く溶けにくい「植物性油脂」で代用されるのが一般的です。

 

 

チョコレートの原材料のうち、ココアバター以外の食用の油脂は「食用油脂」(それが植物性なら「植物油」「植物油脂」など)と記載する決まりがあるので、パッケージ裏面の原材料名を見れば分かります(チョコレートを選ぶときは、チェックしてくださいね)。

 

いっぽう、ナチュラルチョコレートは、チョコレート本来のおいしさを追求した「ココアバター100%」ですから、夏場は溶けやすく、お休みせざるを得ません。でもその代わりに、繊細な口どけと、カカオ本来の濃厚な風味を味わうことができる「冬だけのお楽しみ」なのです。