むそう商事が運営するナチュラル&オーガニック通販ショップ ビオフロレスタ
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

トップ > 菓子・スイーツ > オーガニックバタービスケット

オーガニックバタービスケット

ノルマンディからのオーガニックバタービスケット

フランスのノルマンディはどんなところ?



英仏海峡に面したフランスの北西部に位置するノルマンディ地方は、世界文化遺産となっているモン・サン=ミッシェル修道院がある地域としても世界的に有名です。また、温暖な気候により牧草が良く育ち、ストレスなく育てられた乳牛のバターやチーズ製品もノルマンディの特産物として広く知られています。

フランスのノルマンディはどんなところ?

美味しいバターを作るには

ムソーオーガニックのビスケットは、厳しい有機畜産物のEU基準をクリアして作られたバターを使用して作られています。おいしいバターを作るため、乳牛は放牧され、快適な環境で育てられています。飼料は遺伝子組み換えではないことはもちろんのこと、成長促進剤や合成アミノ酸の使用はありません。穀物やアルファルファなどオーガニック飼料を食べています。のびのびとストレスなく育てられた乳牛のバターは、濃厚なミルクの味を味わえます。

アベイ者の歴史

アベイ社の歴史は、1909年にフランス・ノルマンディ地方のLonlay l’Abbaye(ロンレイアベイ)という小さな村で、パン職人が作ったショートブレッドから始まります。そのショートブレッドは村中で愛され、「アベイのお菓子」として、多くのパリジャンからも人気を集める郷土菓子となりました。「ビスケット・デ・アベイ」のお菓子工場としてスタートしたのは1964年のこと。1968年、パリ国際フードショーでベストビスケットに選ばれました。可能な限り地元産の原材料を使用し、安心できる素材のビスケットを次々と開発し、今ではフランスを代表するお菓子メーカーの一社となっています。

製造社の4つの取り組み

全7件