【メディア・SNSでも好評】有機ビーンチップスで、プロテイン・食物繊維を手軽にチャージ

2022.03.17

お役立ち情報

商品紹介

有機ビーンチップス

筋肉・髪・肌・爪など、私たちの体をつくるタンパク質(プロテイン)。美容や健康維持に欠かせない栄養素として、意識している方が多いと思います。

18歳以上の女性が1日に摂取するタンパク質の推奨量は50g(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年販)」。でも、卵1個のタンパク質量は約6g、木綿豆腐半丁で10.5g、朝昼晩の食事だけでクリアするのは難しいかも…

有機ビーンチップス・部リーンピース

そんなあなたにおすすめなのが、プロテインを手軽に間食でチャージできる「有機ビーンチップス」です。有機グリーンピースチップスは1袋(45g)で約10.3g、有機緑豆チップスは1袋(50g)で約13.6gのプロテインを含みます。

食物繊維が豊富なのもうれしい点。成人女性の食物繊維1日の目標摂取量18gのところ、有機グリーンピースチップスは1袋で9.6g、有機緑豆チップスは1袋で約6.6gの食物繊維がチャージできます。

もうひとつ特筆すべきは、油を使わずに焼きあげる“ノンフライ”であること。粉砕した有機グリーンピースと有機緑豆に水と伯方の塩を混ぜ、成型機で加熱プレスして作ります。

「その作り方、ポンせんべいと似てる!」と気づいた方は、大正解。製造を担当するウィポップはもともとポンせん機械を製造する会社で、その古くて新しい技に感動したむそう商事が「オーガニックの豆を使ったチップスは作れませんか?」と声をかけ、有機ビーンチップが誕生しました。国内では2006年に発売スタートいたしました。

 

材料は豆と塩だけ、これ以上ないほどシンプルなオーガニックチップス。パリパリした軽い食感で、噛むほどに豆本来の味と香りが広がります。

海外のAmazonレビュー欄にも「ヘルシーでおいしい」といったコメントを多数いただいており、中には「家の近くのお店にも置いてあったらな」というお声も。Guilt-freeという書き込みも多く、罪悪感なくスナックを楽しみたい思いは、万国共通なんですね。

ベジタリアンやヴィーガンの方、グルテンフリーのお菓子をお探しの方、夜食や間食、おつまみに安心安全のお菓子をお求めの方、お菓子は食べたいけど油や砂糖などが気になる方、一度お試しを。